格安航空券を利用するときの注意点

- 格安航空券を利用するときの注意点

格安航空券を利用するときの注意点

知っておかないと安くならないのも格安航空券です。購入するときに注意をしておかないと、余計な出費が増えることになります。安いから飛びつくのではなく、それには理由があることを知り、そのメリットを最大限に生かすことが大切です。

キャンセルは注意を


特に早期予約を利用してレガシーキャリアの航空券を購入する際は、キャンセルに注意をしてください。いろんなプランで早期割引を販売しています。JAL航空券であっても、さまざまな早期割引が利用でき、利便性が高いのが特徴です。ただしキャンセルをしてしまうと、それだけで料金が発生してしまうことが多いです。

出張の予定がなくなったり、旅行を一緒にする友人が行けなくなったりと、予定が崩れてしまうことも多いでしょう。早期割引を利用するときにキャンセルは起こりやすいです。しかし1ヶ月前であれば、キャンセル料金無料になるサービスを各航空会社提供していますので、よくプランを確認して申し込むことをおすすめします。

LCCは知識を持たないとならない


一番安くなるのはLCCです。いろんな条件を付けなくても、必然的に安いチケットを販売してくれます。ただし知識が必要です。なぜLCCが格安航空券を提供できるのか?これがすべてになっています。

あらゆるサービスを削ってチケットに反映しています。荷物の大きさが超えていれば追加料金が発生します。レガシーキャリアでは当然のサービスである、ドリンクやイヤホン、ブランケットなども有料サービスです。「レガシーキャリアでは当たり前」だったが通用しない世界ですので、この点は注意してください。

閑散期を狙ってお得に旅行しよう

なんとかして空席を埋めようと考えて発行されるのも、格安航空チケットです。6月や11月といった閑散期は、特に安くチケットが出回ります。このときを利用して航空券を購入すると、お得に旅行をすることができるでしょう。また人も少ないことから、快適な旅をするメリットもあります。

航空券のみが欲しい場合は航空会社から直接購入を

旅行会社も航空券を販売していますが、とにかく現地まで安く飛行機に乗りたいと考えている人は、航空会社から購入した方が安くなる傾向があります。旅行会社であるとホテルなどのプランが付き、目的地まで運んでほしい場合は余計な付随したサービスが多いです。いらないものは削るのが、安くするための鉄則になります。
どの様な買い方を選ぶにしても、第一には取得方法は探すことが大事になります。

格安には裏がある

安いには裏があります。航空会社が空席を恐れるからこそ、お手頃な値段で売ろうとしているのが格安航空券です。特にキャンセルは十分気を付けてください。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 楽にお安く空の旅!格安航空券とは? All Rights Reserved.